2010年05月27日

SEのためのERP入門〜SAP導入のポイント〜

SAPプロジェクトに参画しながら、SAPがどんな機能を提供するかもわからなかったので、SAPをざっと何かを把握するために読んだ本。



構成は、以下のとおり。
第1章 ERP入門
第2章 ビジネスプロセスとERPの主な機能
第3章 導入方法論
第4章 ERP導入を成功させるには
第5章 ERP導入のためのSOA入門

本の中身を見ると、上流工程に参画するエンジニア向け。第2章を読むと提供する機能がよくわかる。私自身は第2章が一番ためになった。ただし、SAPのトポロジーだとか内部的なコンポーネントについては触れられていないので、構築作業するには別の資料をあたったほうがよい。
第3章の導入方法論については、一般的なウォーターフォール型の開発プロセスについて述べているだけで、ERPパッケージ特有のアプローチについての記述がほしかったところ。第4章についても同様かと。

パッケージを適用しようとする構想・計画フェーズで有用な本。
posted by motoharu at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。