2009年05月14日

ITアーキテクト Vol.22

しばらく本を読む時間が取れなくて、1ヶ月ぶりになってしまった。




性能ということで、今回はアーキテクトというよりは、実装に近い話が多かった。実際には、上流工程での検討が不可欠であることが十分わかっているが。

Hadoopは、ビジネスユースにはもうワンステップ必要かなという感じがした。耐障害性やセキュリティなど。でもそもそも分散処理ってビジネスアプリには必要かな?ハードのスペックが飛躍的に向上しているので、あえて分散させなくてもいいのではとちょっと思う。私が小規模プロジェクトの参画が中心だからかもしれない。
posted by motoharu at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ITアーキテクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。